表面利回り、実質利回りとは

収益物件がどれだけすぐれたものなのかを示すためには利回りを用いるのが一般的です。この利回りについてですが、実際に細かく計算をすると時間もかかりますし手間もかかります。ですから、大まかにどれくらいの利回りが得られるのかを知りたいときには、まず表面利回りを用います。これは物件価格に対する年間の賃料収入で表されるものです。管理にかかる費用やその他の様々な費用は考慮されていませんから、これによって得られる利回りは現実を正確に表していないと考える事ができますが、計算が容易ですから大まかに比較するときに用いられます。
より正確に現実を表しているのが実質利回りです。これには管理にかかる費用や取得にかかる費用、そのほかにも様々な費用を考慮して計算されています。ですから、実際に投資をしたときの利回りに近いものだと言えるでしょう。計算をするのに時間はかかりますから、めぼしい物件が見つかってから計算をするというのが一般的です。めぼしい物件が見つかって、それを購入するべきかどうかという判断を正確に行おうと思ったときに、時間をかけて実質利回りを計算するのです。
物件に表示されている利回りには2種類ありますから、違いを把握しておく必要はあります。

Comments are closed.