ローンと税金について

マンションに限らず不動産経営のうまみを考えるとき、ローンと税金は是非とも押さえておきたいポイントです。不動産経営を単なる副収入の確保と考えるのは短絡的です。刺激的な言葉でいうなら素人考えです。
もう少し深い意味を考えるなら不動産経営も面白みを感じるようになります。ずばりいいますと、生命保険の代わりという発想です。
マンションを購入する際はほとんどの場合、借入金を組むことになります。そして返済は家賃からになるわけですが、このときに返済と利益の両方を狙いますと失敗する確率が高くなります。返済が終わるまでは利益はあまり増やさないことがコツです。
このような発想ですから家賃を高くする必要もありませんし、それはすぐに入居者が決まることにつながります。利益を求めないとメリットがないように感じますが、税金が戻ってくるという裏技があります。この裏技で還付金が税金の半分くらいあります。
次に生命保険の代わりについて説明します。仮に、死亡することがあった場合でも団体生命保険により借入金は完済されることになります。つまり、残された奥さまなど遺族の方は負債のないマンションを手に入れることになります。そして、そのまま家賃収入を受け取ることができます。

Comments are closed.