マンションを持つデメリット

自分の住居としてのほか、投資の対象としてもマンションは人気が高いです。一戸建てより手に入りやすく、家賃も安めなので借りても付きやすいのがポイントです。しかし、デメリットもあります。
多くの戸数が一つの建物に入っているため、大規模な修繕などがしづらいのが大きなデメリットです。震災を経て、重要な部分に大きく壊れた部分があっても、その修復をどうすべきか、費用負担はどうなるのか、自分で決めることはできないのです。他の所有者が同意して初めて修繕を進めることができるようになるので、非常に時間もかかり、実現可能性も低いです。
また、一戸建てなどと比べて価値が下がりやすいこともデメリットです。底地の権利は細分化されていて、価値が少ないことが多いですから、建物の価値が下がれば大幅な値下がりは避けられません。一戸建てでも建物の価値はほとんどないものですが、その建物が建っている土地の値段はそのまま保たれます。売るときでも土地の値段はキープできますから、先の予定も立てやすくなります。戸建てとは違いその点が欠けていることに注意してプランニングしなければなりません。
デメリットをきちんと理解して住むなり投資するなりするのであれば問題ありません。対策をきちんと考えておきましょう。

Comments are closed.