マンションを持つメリット

マンションを持つメリットの一つが賃料収入を得られることです。入居者は、たいていは短くても数年単位で入居します。もちろん、何らかの理由があって数ヶ月で退去する人がいないわけではありませんが、たいていは数年くらいは入居しますし、数十年にわたって入居し続ける事も珍しいことではないでしょう。ですから、他の投資に比べると安定して収入を得られるという傾向はあります。
多くの資産を持っている人にとって恐ろしいのがインフレです。インフレになると現預金や債券の価格は変わらなくても価値は下落します。これに対応するたことができるというのがメリットの一つです。通常、インフレになれば不動産価格は上昇しますから、保有していればインフレとともに資産を成長させることができ、インフレ対策になります。
さらに相続の時にもメリットは大きいと言えるでしょう。現金や預金で保有しているよりも税金の金額が小さくなります。不動産を所有しているのは金持ちだというイメージを持っている人も多いと思いますが、これは保有している資産をできるだけ多く子孫に残すためのものだと考えておくのが良いです。相続税を節税する目的で不動産に投資をする人も少なくはないのです。

Comments are closed.