新築か中古か

新築を購入するメリットには様々なものがあります。何よりもきれいだということが挙げられます。また、設備も最新ですから、生活を快適に送ることができるでしょう。構造面のメリットも大きいと考えられます。建築基準は年々厳しくなっているという傾向があります。例えば耐震基準だけを考えてみても、何十年も前と比べるとかなり厳しくなってきていますから、安心して住みたいという人にとっては適していると考えられます。新しく作られたばかりですから老朽化している箇所は少なく、たいていは10年くらいは特に新たなリフォームをしなくても生活をすることができるでしょう。その代わりに価格は高いというデメリットがあります。
中古の物件は価格が安いというメリットはあります。その代わりに色々なところが傷んでいる可能性はあります。数年もすれば色々なところをリフォームしなければならなくなる可能性はあるでしょう。また、あまりにも古いものを購入すると、何十年も住むことができなくなる可能性はありますから注意が必要です。
どちらにもメリットとデメリットとがありますから、その間でうまく考えていくのも良い方法です。例えば、築10年までの中古ならそれほど傷んでいませんから、このような物件を探すのも良いでしょう。

Comments are closed.